ピーチコーポレーション

2020年度 PWBS講師予定

スクール主宰

酒井 真理

ピーチコーポレーション株式会社 
代表取締役社長 酒井 真理

学生時代からフリーアナウンサーとして活動し担当した司会は3,000本を超える。その他、美術館大型商業施設等の館内プレゼンテーションの声も数多く担当。自ら指導して輩出したフリーアナウンサーは300名を超える。

1998年に独立、起業し、現在は企業研修を中心とした会社を経営。現在22年目を迎える。そして、自らが主宰する企業向けのビジネススクールも運営している。 ビジネススクールには「Peach Women’s Business School 」・「Peach Women’s Business School Professional」・「kokorozasi school」がある。

講演活動では、経験を活かしコミュニケーションには欠かせないアイテム「声」をテーマに心との繋がりの講演のほか[話し方]の指導にも定評を得ている。研修ではロールプレイを多く取り入れ参加、体験型で受講者一人ひとりに寄り添う型をとっている。

また、女性が活き活き働ける職場づくりや企業が積極的に女性を活用するためのアドバイスなども行っているほか、文章を書く事を苦手とする人達に向け、文章指導や文章作成代行業務も行っている。

女性活躍を支持するために2年間で500名以上の女性社員から仕事、働き方などを含めヒアリングし自らもライフイベントを超えながら仕事を続けたきたことで、女性の考えや悩みを共有。ビジネススクールではキャリプランのイメージを明確にできるようにアドバイスをしている。 

財界活動としては関西経済同友会で幹事を務め、人材育成・地方創生などの分野を研究、国や各方面に提言書を提出している。そして、多くの企業トップとの交流を活発に行い経営者の考えを学び、自らの経営と研修に取り入れている。

5月 開講式 基調講演「Discover Japan:日本で学ぶ留学生から見える日本と世界」

講師:三村 京子氏

特定非営利活動法人 友情の架け橋音楽国際親善協会 理事長

経歴
1987年 上智大学外国語学部卒業
1990年 米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校ジャーナリズムで修士課程修了
1990年 CNNワシントンDC支局、政治討論番組制作を担当
2002年 財団法人日本民藝館国際部主任
2006年 特定非営利活動法人日本古民家保存協会理事(現在に至る)
2007年 特定非営利活動法人友情の架け橋音楽国際親善協会を設立、理事長に就任 (現在に至る)
2012年 東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化研究室非常勤講師
2014年 早稲田大学国際教養学部非常勤講師(現在に至る)
2018年 同志社大学内京都アメリカ大学コンソーシアム・ファカルティ(現在に至る)
2019年 一般社団法人日本アジア協会理事(現在に至る)

6月 アウェアネス

酒井 真理

講師:酒井 真理

ピーチコーポレーション株式会社 代表取締役社長

学歴
武庫川女子大学文学部英米文学科卒業

職歴
ABCテレビ「おはよう朝日です」にレポーターで出演以来、テレビ、ラジオなどでフリーアナウンサーとして活動後、1987年~1990年日本道路交通情報センターに勤務 再びフリーとなり1991年企画制作会社MC事業部ゼネラルマネージャーに起用され1998年まで務め、同じ年1998年4月独立起業

7月 メンタルヘルスケア・交流会

沖永 晶子

講師:沖永 晶子氏

帝国ホテルクリニック医長

学歴
近畿大学医学部卒業

職歴
大阪大学医学部消化器内科入局 国立大阪南病院、回生病院内科勤務を経て
平成14年より帝国ホテルクリニック(人間ドック)勤務(現職)
産業カウンセラー

7月 女性の健康と生き方

講師:種部 恭子氏

女性クリニックWe! TOYAMA 院長・産婦人科医

学歴
富山医科薬科大学医学部医学科卒業
富山医科薬科大学大学院医学研究科修了

職歴等
富山医科薬科大学(現富山大学)医学部産科婦人科学、愛育病院、済生会富山病院等勤務を経て、2006年より現職。
専門は女性ヘルスケア、生殖内分泌。生涯を通じた健康啓発活動が評価され、第41回中日教育賞、第17回松本賞、日本家族計画協会会長表彰、文部科学大臣表彰を受賞。
現在、内閣府男女共同参画会議重点方針専門調査会、内閣府男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門調査会委員等を務め、一般社団法人日本女性医療者連合理事、NPO法人ハッピーウーマンプロジェクト理事長として、女性プロフェッショナルの活躍推進および女性の健康支援活動を行っている。

9月 リーダーシップ

津田 恵

講師:津田 恵

大阪ガス株式会社 CSR部長

学歴
京都大学教育学部卒業
グロービス経営大学院修了(MBA)

職歴
大学卒業後、大阪ガスに1991年に入社。 一貫して海外事業に携わり、液化天然ガスの輸入交渉や、海外発電プロジェクトのマネジメントなどを担当。2006-2007年、ハーバード大学ケネディースクールフェロー、2013年4月よりIR部長、2017年4月よりCSR・環境部長として全社のCSR・環境政策の立案・推進に取り組む。2019年3月MBA取得。

9月 キャリアプラン
12月 国際ビジネス学

講師:飛河 智生氏

帝塚山学院大学 副学長・人間科学部教授
Link Next 社会研究所 代表

学歴
東京工業大学工学部情報工学科卒業

職歴
大学卒業後、松下電器産業(現パナソニック)株式会社に入社。
製品開発、マーケティング、経営企画、営業、新規事業などを多様な職種を経験。2007年からは本社秘書室にて関西財界を担当する。「経営は人材」との思いから、2014年帝塚山学院大学人間科学部教授に転身。29年間の実業界の経験を活かし、将来を担う人材の育成に従事する。2017年4月より現職。プライベートでは、2012年「Link Next社会研究所」を立ち上げ、若手社会人を対象とした塾活動を開始、継続中。

10月 ロジカルシンキング
10月 マーケティング戦略思考

松岡 孝敬

講師:松岡 孝敬氏

株式会社ポジティビティ 代表取締役

学歴
神戸大学大学院理学研究科生物学専攻
名古屋商科大学大学院にてMBA取得

職歴
1989年 大手教科書出版社にて教科書・副教材の編集を担当し、多くの担当書籍でシェア1位を獲得する 25年間で手がけた書籍の累計販売部数は1000万部以上に達する。
2010年 会社在籍のままMBA取得後は、編集部から事業推進室長に就任し、社全体の組織活性化戦略、人材育成戦略を任され、社内講師として、管理職研修、管理職候補リーダー研修を数多くこなす。
2015年 株式会社ポジティビティ設立

保有資格
MBA(経営学修士)
PHP研究所認定ビジネスコーチ
The School of Positive Psychology 認定エグゼクティブレジリエンス・トレーナー
The School of Positive Psychology 認定ポジティブ心理学コーチ

11月 財務会計

小菅 昌秀

講師:小菅 昌秀

サミット人材開発株式会社代表取締役

学歴
京都教育大学 教育学部 卒業

職歴
生命保険会社ライフプランナー、JREIT上場投資法人チームリーダー、大手介護会社エリアマネージャー、教育研修会社コンサルタント/マネージャー等を経て、2016年5月に起業。
研修体系構築、研修企画カリキュラム作成、マニュアル作成等コンサルティング・講師の実績は官公庁・大手企業などを中心に350社、研修4,000回を超える実績を持つ。
また、総務省等中央省庁や東京都・四日市市・伊勢市などの自治体をはじめ、大手インフラ会社、外資系航空会社、私鉄各社など、独立後3年で130を超えるクライアント先を持つ。
そして、研修だけではなくコンサルタントととしてもクライアント先では顧問として活躍。

保有資格
公益財団法人三重県産業 支援センター登録専門家
一般社団法人日本説得交渉学会会員
マネジメント・カレッジ株式会社認定 マネジメント・ゲーム®インストラクター

1月 講師とディスカッション形式で学ぶ これからの働き方

講師:常見 陽平氏

千葉商科大学国際教養学部専任講師/働き方評論家
いしかわUIターン応援団長

学歴
一橋大学商学部卒業
同大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)

職歴
リクルート、バンダイ、ベンチャー企業、フリーランス活動を経て
2015年より千葉商科大学国際教養学部専任講師。専攻は労働社会学。
大学生の就職活動、労使関係、労働問題を中心に、執筆・講演など幅広く活動中。

2月 異文化コミュニケーション

Edward

講師:Edward Alexander Iftody氏

Rosetta Stone Learning Center – Cross-Cultural Communication Coaching 

経歴
After graduating with a Political Science degree from the University of Alberta in 1995, Edward entered the mutual fund industry in Vancouver, Canada. In 1998, Edward co-founded the partnership, E W West Investments and later incorporated the same company under the name PureLogix Corp. in 2005. Both companies developed and marketed professional-grade financial analysis software for independent, Canadian financial advisors.
Edward moved permanently to Osaka in 2009 and has worked as an independent cross-cultural communication coach with a number of multinational companies, including AstraZeneca, SAP, Mitsubishi-Tanabe, and Pasona.
Edward is the author of Surviving Work – a leadership guide to understanding motivation strategies, image management and team building – and was recently selected as a Top Writer in Leadership on Medium.

1995年 アルベルタ大学で政治学専攻。卒業後 カナダのバンクーバー投資市場に参入。1998年 創設者の一人としてE.W Westインベストメント、またPureLogix社ビジネスを立ち上げる。両社でファイナンシャルアドバイザー向けの財務分析のソフトウェアを展開、販売。
2009年大阪へ。異文化コミュニケーションのコーチとして、多くの企業への研修経験を持つ。アストラゼネカ、SAP、田辺三菱製薬、パソナなど。
Surviving Work(モチベーション戦略としてのリーダーシップガイド、イメージマネージメント、チームビルディング)の著者。リーダーシップガイドとしてのトップライターに選ばれる。