ピーチコーポレーション

愛社精神を築く

こんにちは、ピーチプロモーションの酒井です。前回、ユアサM&B株式会社 松田社長の「大志」について書かせて頂きましたが、今日は大手自動車部品メーカーの現在は相談役のS氏についてご紹介させていただきます。
S氏は「内なるグローバル化」を目指し社名変更、コーポレートカラーの統一など活動内容の充実を図り、社長就任以来約20年近くをかけ「愛社精神」を育ててこられました。
S氏の行ったことは社員にわかりやすいキーワードで伝える、例えば「ピカピカ」「ドンピシャ」など合言葉になるようなワードを作り職場の美化や目標の見える化を進めていかれました。
会社の認知度を上げる、利益を上げ、利益を保つ、これらの事を社長として行動で示し社員を牽引し社名変更後60年間黒字を保って来られました。

S氏が進められてきたグローバル人材育成ではここ10年間、国内外で1万人以上の社員を増やすことに成功しています。
S氏の成功の秘訣は
1)得意技を持つ
2)上司から信頼を得る (ホウレンソウをきちんと行う)
3)多くの人脈を持つ(あんな人なら協力したいと思ってもらえる関係を常日頃から作っておく)
4)何事も興味を持つ(知恵は幾ら使っても減らない、逆に増えるもの)
と仰っています。そして一生懸命にやると誰かが助けてくれるとも仰っています。

現在、ゆとり世代といわれる若い世代から「一生懸命」という言葉は、なかなか聞けない様に感じますが、何かを成功させる為には「とにかくあらゆることを一生懸命する」という姿勢はいつの時代も変わらないと考えます。
そして、「全て本当のことを言う」とお話されたS氏からは清さと透明さ経営者のオーラがいつも溢れています。

では、また後日のブログをお楽しみに・・・