ピーチコーポレーション

萩原一平

萩原 一平 (はぎわら いっぺい)

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
研究理事
情報未来イノベーションセンター長
  ニューロイノベーションユニット長
  デジタルコグニティブサイエンスセンター長
応用脳科学コンソーシアム事務局長
横浜国立大学 大学院 環境情報学府 客員教授
大阪大学 招へい教授

早稲田大学 理工学部 電気工学科 卒業。プリンストン大学 大学院 電気工学・コンピュータサイエンス(MSE) 修了
大手電機メーカーにて、新製品企画、開発設計、国内外マーケティング等に従事。
その後、大手シンクタンクにて、環境分野を中心に、新規事業化支援、事業化コンソーシアム運営等、数多くのプロジェクトを実施。
1997年4月より現職。脳科学、ライフサイエンス、医療・ヘルスケア、地域経営、環境等の分野で、新事業創出やマネジメントに関するコンサルティングを中心に活動。
2010年からは、異業種の民間企業(現在約50社)と異分野の研究者(現在約100名)が多数参加し脳科学の産業応用に取り組む「応用脳科学コンソーシアム」(略称「CAN」:Consortium for Applied Neuroscience、NTTデータ経営研究所主催)を創設し事務局長を務める。
主な著書に、「ビジネスに活かす脳科学」(日本経済新聞出版社)、「脳科学がビジネスを変える~ニューロイノベーションへの挑戦」(日本経済新聞出版社)、「思考と行動が早くなる仕事脳の使い方」(日本能率協会マネジメントセンター)、「なぜ脳は「なんとなく」で買ってしまうのか」(共著、ダイヤモンド社)、「ITアウトソーシング戦略」(共訳、NTT出版)、「リサイクルの知識」(共著、日本経済新聞社)等がある。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください