ピーチコーポレーション

2018年度第10回Peach Women’s Business School

大阪・京都・神戸及び名古屋、東京など関西、関東を中心に研修事業を展開しているピーチコーポレーション(株)です。
これまで数多くの企業様にビジネス研修をご提案させていただいております。

本日は11月22日(木)に開催された、第10回Peach Women’s Business School の講義の様子をご紹介します。

今回は、かながわスマートエネルギー構想推進検討会会長 村沢義久氏をお招きして、『定量分析 ~入門編~』をテーマに研修をして頂きました。「インフレ」や「経常利益」、「GDP」など日頃よく耳にする経済用語を再確認後、「景気が悪い」や「儲からない」といった抽象的な言葉を数字を使って表現する大切さを学びました。また、ケーススタディを通じて定期預金、不動産投資、太陽光発電などのNPV(正味現在価値)やIRR(内部収益率)を計算して、性格の違う投資案件を同じ土俵で比較する方法を学びました。Excel関数を使用すれば難しい計算も簡単に答えが出ることが分かり、数字に苦手意識を持っていた受講者も興味を持ってワークに取り組むことができました。

研修後のアンケートでは、「『数字でものを言う』『数字で正しい判断をする』というのは説得力があり、実務でも活用することが出来ると思いました。」「今ある資産をどう使うか、どう活かすのかを判断する一番基礎的な考え方を教えて頂いた回でした。」といった感想がありました。

次回は12月21日、「国際ビジネス学」です。
その様子も後日ご紹介いたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください