ピーチコーポレーション

2019年度第4回Peach Women’s Business School

大阪・京都・神戸及び名古屋、東京など関西、関東を中心に研修事業を展開しているピーチコーポレーション(株)です。
これまで数多くの企業様にコミュニケーション研修をご提案させていただいております。

本日は7月24日水曜日に開催された第4回Peach Women’s Business School の講義の様子をご紹介します。

今回は、女性クリニックWe富山 代表 種部恭子先生をお招きし、
「女性の健康と生き方」をテーマに講義をしていただきました。

日本で女性活躍が叫ばれ始めて久しいですが、なかなか進んでいないのが現状です。
女性の就職率のグラフを見ると、1位は福井県、2位は種部先生がいらっしゃる富山県となっており、人口が少ないのを全県民が認識し、女性の就業を支える様々な仕組みが整っている状況を教えて頂きました。関西はいずれの県も下位となっており、全国と比べても女性活躍が進んでいないことが分かります。

医療が発達し、いつでも出産できるものと勘違いしがちですが、長寿時代を迎え医療の発展が進んだ現在もそして未来も女性の体自体には変わりはなく、妊娠の確率や子どもの健康をを考えると34歳までに出産するのが理想とのことでした。女性が働き続ける場合、出産を優先するとキャリア不足になり、逆にキャリアを優先すると妊娠しにくくなります。ライフサイクルとキャリアプランを考えて事前に計画を立てる必要を学びました。

また、昔の女性と比べて現代の女性は出産回数が少ないので、
生涯の月経と排卵の回数が5~9倍にもなり、婦人科系疾患になりやすくなります。
月経コントロールすることで予防にもなることも知りました。
そして、更年期以降に起こる症状についても教えて頂き、事前の対策の必要性を学びました。

女性の場合、仕事の活躍と出産・育児と婦人科系疾患が同じ時期に重なります。
種部先生から「体調や出産・育児を理由に仕事や昇進を諦めるのは大変もったいない。体調コントロールや事前にライフプランを立てることで様々なことにどんどん挑戦してほしい」と具体的な対策と共にエールを頂いく研修となりました。

受講生のアンケートには
・将来の健康維持に向けて、常に考えて先行投資をすることが重要だと思った。
自身のライフプランを今一度しっかり考えるべきと思った。
・新入社員研修で伝えてもらいたいくらいの内容であった。
といったご意見がございました。

次回は8月7日、「ロジカルシンキング」がテーマです。その様子も後日ご紹介いたします。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください