ピーチコーポレーション

2019年度第5回Peach Women’s Business School

大阪・京都・神戸及び名古屋、東京など関西、関東を中心に研修事業を展開しているピーチコーポレーション(株)です。
これまで数多くの企業様にコミュニケーション研修をご提案させていただいております。
本日は8月7日水曜日に開催された第5回Peach Women’s Business School の講義の様子をご紹介します。

今回は、ユアサM&B株式会社 常務執行役員 横江友則氏をお招きし、
「ロジカルシンキング」をテーマに講義をしていただきました。

ロジカルシンキングを行うことで以下のような効果があり、
日常の仕事の効率・質を高めることができるようになります。
 (1)素早く結論を出すことができる
 (2)経験値のない事柄でも判断できる
 (3)判断の根拠を説明できる

受講生は事前に4P、3C、SWOT分析、MECE、サプライチェーン、5Why
といった用語を調べて授業に参加しました。

講義では、ビジネスシーンを過去と未来軸、問題解決と意思決定軸の2軸で分けることで
①目標実現型、②過去反省型、③未来選択型の3つに分けることができることを知り、
それぞれの型の具体的な事例をフレームワークを使ってロジカルに考える方法を学びました。

最後に「10年後の自分」の目標を達成するためにロジカルシンキングを使ってワークを行いました。

受講生のアンケートには
・目標実現型、過去反省型、未来選択型のいずれかを判断し、
ロジカルシンキングの手法(MECE、SMART、4P、4C、クロスSWOTSなど)を
選択するというシンプルな方法であったので、実務で活かしやすいと感じた。
・論理の構造化を常に意識して、思考の変革をしていきたい。
といった感想がございました。

次回9月6日、「メンタルヘルスケア」がテーマです。その様子も後日ご紹介いたします。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください