ピーチコーポレーション

2019年度第8回Peach Women’s Business School

大阪・京都・神戸及び名古屋、東京など関西、関東を中心に研修事業を展開しているピーチコーポレーション(株)です。
これまで数多くの企業様にコミュニケーション研修をご提案させていただいております。
本日は10月2日水曜日に開催された第8回Peach Women’s Business School の講義の様子をご紹介します。

今回は、株式会社ポジティビティ代表取締役 松岡孝敬氏をお招きし、「マーケティング戦略思考」をテーマに講義をしていただきました。

 

 

マーケティング戦略思考研修は、一般的なマーケティング研修とは異なり、心理学や消費者購買行動を中心にとした研修内容です。

「お客様は、現状に対する不(不満、不便、不都合)を解消する(=ベネフィット)ために物を買う。良い物が欲しいから、良い物があるから買うのではない。」というところから、

商品はそのままで、ベネフィットの切り口を変えることにより、売り上げが6倍になった商品事例や、FABE分析や認知行動療法のABC理論等を学びました。

 

また、松岡講師の親しみやすい雰囲気や、購買行動に関するクイズや、ワークを通じて商品コンセプトを策定し、それをもとにロールプレイングを行うなど、

参加型の研修内容に受講生は主体的に受講していました。

アンケートには

・売り手目線の価値を伝えてはいけない。お客様がどんな得をするか、お客様のベネフィットを伝える事の重要性を再確認出来ました。

・顧客が考えるベネフィットとは何か、それに影響を与えるものは何かを学ぶ事ができ、有意義な講義でした。

・実際に販売されている商品を例にする講義や、またワークを多く取り入れて頂けたことで、大変わかりやすく、また楽しい講義でした。
営業をしておりますので、今回の講義はすぐにでも活用できる内容でした。

といった声がありました。

次回は10月16日(水)「レジリエンス」がテーマです。その様子も後日ご紹介いたします。

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください