ピーチコーポレーション

2019年度 第7回PWBS Professional

大阪、京都、神戸、名古屋、東京など関西、関東を中心に研修事業を展開しているピーチコーポレーション(株)です。
これまで数多くの企業様に様々な研修をご提案させていただいております。

本日は12月11日水曜日に開催されたPeach Women’s Business School Professionalの様子をご紹介します。

Peach Women’s Business School Professionalは更なる女性活躍を後押しするために、既に部下がいる管理職を対象とし、将来の役員候補としても期待される人材の育成を目的とした研修プログラムです。

今回は、 講師に株式会社NTTデータ経営研究所 研究理事・エグゼクティブオフィサー(イノベーション担当)情報未来イノベーション本部 アドバイザー 萩原一平氏を迎え、 「脳科学とAIがビジネスを変える」をテーマにご講演いただきました。

初めに講師から脳科学の講義をして頂きました。
AIは大量の電力を消費するが、人間の脳は20Wしか使っていないのでまだまだ脳に追いついていない事実、また、世界で活躍するサッカー選手は実は脳の運動野はほとんど使用していない事実など、普段、私たちの脳に対しての考え方は間違っていることに気づかされました。

講義の後に質疑応答が行われ、AIがどれほど人間の感情を把握できるのかという質問や無意識と直感の関係についての質問などが出ました。



後半は、「脳科学とAIをどのようにビジネスに活かしていくか」をテーマに2グループに分かれて議論し、発表を行いました。
伝統工芸の職人が無意識にやっている作業をどうすればデータ化できるのかといった話やAIに仕事をさせても正しく行われたかを判断するのは結局は人であるといった話が出ました。

現時点で脳科学やAIでどこまで実現可能なのかといった具体的な講師からのコメントに受講生は、より現実的な視点で脳科学やAIをビジネスに活用する方法を考える貴重な時間となりました。

次回は1月20日(月) 「企業価値」をテーマに行います。

その様子もまたご紹介させて頂きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください