ピーチコーポレーション

2019年度 第2回PWBS Professional

大阪、京都、神戸、名古屋、東京など関西、関東を中心に研修事業を展開しているピーチコーポレーション(株)です。
これまで数多くの企業様にコミュニケーション研修をご提案させていただいております。

本日は6月21日金曜日に開催されたPeach Women’s Business School Professionalの様子をご紹介します。

Peach Women’s Business School Professionalは更なる女性活躍を後押しするために、既に部下がいる管理職を対象とし、将来の役員候補としても期待される人材の育成を目的とした研修プログラムです。

初めての講義となったこの日は、講師にスタンフォード大学 フーヴァー研究所 フェロー西鋭夫氏を迎え、「国際政治」をテーマにご講演いただきました。

環境問題の話題から始まった講義では、自然エネルギの利点と問題点などを話して頂いた後、日本の雇用問題に話は進み、女性活躍についても講義を頂きました。その中で、「女性の活躍を阻むガラスの天井の存在や、日本人女性は優秀だが謙遜しすぎることが、活躍を遅れさせている要因の一つであること」も指摘されました。

また、現在の人手不足問題では、バブルの時代に隆盛を極めた日本が「アメリカに追いつき、追い越した」後のビジョンを描いていなかったため、目に見える不動産等を買い漁り、学問に投資をしなかったことが、現代において日本の文化を育成する土台づくりに影響を及ぼしているとの指摘でした。

その後、ディスカッションでは、受講生から「日本企業が30年間イノベーションを起こせていない」との問題提起があり、気概やハングリー精神がなくなったのではないかという意見や若手を育てる際に型にはめてしまっているのではないかといった意見が出ました。

講義の中で、西講師からは良い環境で厳しく鍛えたら、日本人は他国に負けない優秀な人材に育つことをオックスフォードでの実例を交えて具体的にご紹介頂きました。

最後に、外国では女性も自己主張が強いので、受講生ももっと「自己宣伝を研究した方がよい」とのアドバイスを頂きました。

次回は7月11日(木) 「『材料革命』Disruptive Innovation」をテーマに行います。

その様子も後日、紹介いたします。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください