ピーチコーポレーション

2020年度 第8回Peach Women’s Business School

本日は10月21日水曜日に開催されたPeach Women’s Business Schoolの講義の様子をご紹介します。

Peach Women’s Business Schoolは今年度で4年目を迎える女性管理職を育成するためのプログラムです。

100人を超える卒業生が研修で得た知識や気づきを会社に持ち帰り、それぞれの分野で活躍しています。

今回は、株式会社ポジティビティ 代表取締役 松岡 孝敬氏をお招きし、「マーケティング戦略思考」をテーマに講義をしていただきました。

 

今回の研修では、マーケティング戦略思考を学び、多様性に適応した商品・サービスの開発に役立てるため、

・マーケティング戦略思考の基礎を理解する。
・顧客の購買行動の傾向を理解する。
・顧客に訴求するマーケティングを実践する。

上記の3つを目標に学びました。

講義では、グループディスカッションを多く取り入れ、グループでターゲットペルソナ(製品やサービスを利用する架空のユーザー像)を設定し、FABE分析まで行いました。

マーケティング戦略思考の基礎を学び、実践的にグループで議論し合っており、非常に盛り上がりのある研修となりました。

オンラインではありながらも、受講生がより理解しやすく意欲的に参加できるよう、クイズ形式で事例について考える時間もあり、受講生は積極的に発言していました。

研修後のアンケートには、
「ターゲットを具体的に想像するペルソナを作り、悩みを解決する「ベネフィット」に訴えかける、という方法は、仕事の中で案をプレゼンテーションする場面で活用できそうだと感じました。」
「架空の人物設定を詳細にすればするほど、真のベネフィットを見つけやすくなるということをグループワークで体験できました。」
といった感想がございました。

次回は11月11日、Peach Women’s Business School Professionalと合同で、野田聖子氏の講演会とWeb交流会です。その様子も後日ご紹介いたします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください