ピーチコーポレーション

2020年度PWBS/PWBS Professional 野田 聖子氏 合同講演会

本日は11月11日水曜日に開催されたPeach Women’s Business SchoolとProfessionalコースの合同講演会の様子をご紹介します。

Peach Women’s Business Schoolは今年度で4年目を迎える女性管理職を育成するためのプログラムです。100人を超える卒業生が研修で得た知識や気づきを会社に持ち帰り、それぞれの分野で活躍しています。

昨年スタートし、2年目を迎えるPeach Women’s Business School Professionalは更なる女性活躍を後押しするために、既に部下がいる管理職を対象とし、将来の役員候補としても期待される人材の育成を目的とした研修プログラムです。

今回は、衆議院議員 自由民主党 幹事長代行 野田 聖子氏をお招きし、「“私たちらしい政治”とは」をテーマに講演をしていただきました。

講演の前半45分では、野田氏ご自身のお話から政治に関する貴重なお話まで、非常に幅広い内容でご講演いただきました。

まず、はじめに、次世代の女性達に良いバトンを渡したい。女性達が抱えているジレンマを解きほぐしながら、具体的な解決法や手段を贈りたい。とのお言葉を頂きました。

受講生から「キャリア、育児と仕事の両立」や「モチベーションの保ち方や工夫」について野田氏のお話を聞きたいとの声が多かった為、野田氏ご自身の経験に基づくアドバイスを中心にご教示いただきました。育児との両立に悩みを抱えている受講生に向けて、野田氏は「完璧な育児はない。良い母親を放棄することが、良い母親の前提となり、始まりになるのではないか」と提言されました。

その後の質疑応答では、「女性が少ない組織の中での活動で大変なことがたくさんあると思いますが、行動等で気を付けていることや思い出深いエピソードがあれば教えてください。」「女性として男性社会の中でどうやって信頼関係や友好を築いているのか学びたいです。」といった質問がありました。

野田氏は、組織の中で男性の大親友を作り、男性との橋渡しをしてくれる中立的な存在は非常に大切であり、貴重だと仰っていました。そういった関係を築くためには、「嘘をつかない、媚びない、等身大で生きる、背伸びをしない」ということが必要であるとご教示いただきました。

最後に、野田氏がご自身に言い続けてきた「可能性は無限大」という言葉を、受講生へのエールとして贈っていただきました。

その後、Web交流会を行いました。

 

研修後のアンケートには、
「女性だからといって諦めず、どんな困難にも常にポジティブであるからこそ野田さんの存在感が際立つんだと感じました。悲観的にならないように周りをハッピーに巻き込んでいく、、、その言葉が自分には心に響きました。」
「“仕事と育児、何かと何かの両立なんて思っていない。人には色んなピースがあってそれが纏まって一人の自分”という言葉が印象に残っています。人それぞれ色々なライフスタイルの中、自分らしく生きることの重要性に改めて気づくことができました。」
といった感想がございました。

次回のPeach Women’s Business Schoolは11月25日でテーマは「財務会計と戦略」 、Peach Women’s Business School Professionalは12月3日でテーマは「これからの関西 これからの女性活躍」です。その様子も後日ご紹介いたします。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください